レッツ館林

さて、バイクを買ったぶりんがーはブイブイ乗り回したいという衝動にかられました。

バイクを買ってから、忙しくてなかなかバイクに乗れていなかったのですが、千里も道も一歩からなので、人馬一体・国際A級ライセンスを目指すぶりんがーとしては、とにかく乗り回すことが必要です。

ということで、館林を目指しました。

館林は知る人ぞ知るバイクの聖地、東京人のあこがれの地、ライダーがまず初めに目指すタウンです。

東京から館林はバイクで行くには高速道路(首都高速・東北道)を使います。

首都高速で、自動車同士の事故と、自動車とバイクの事故による大渋滞も何のその、バイクに渋滞の2文字は存在しません(ちょっとビビっただけです。)。

北に向かうにつれて天気が怪しくなってきます。前回、スーツでバイクに乗ったら、マフラーの熱でズボンが解けたことは話しましたが、その経験を踏まえて、雨具を用意していませんでした。羹に懲りて膾を吹きました。やばいです。

自宅を出たのが7時30分。館林についたのが9時20分。グーグル先生は1時間10分で着くということでしたが、グーグル先生は現実を知らないので、早すぎます。直線距離と制限速度から単純計算するグーグル先生はスピード違反しています。

館林に降り立つのは初めてです。館林はぶんぶく茶釜で有名な茂林寺があります。あれ?♬しょしょしょじょじの証城寺(こっちは千葉の木更津です。)と何が違うのかな?

まー、それはともかく、一仕事を2時間ぐらいして、ラーメンいただいて、館林を去ります。

そのころになると雨がきつくなってきました。本格的にやばいです。

しかし、普段の行いが良いぶりんがーには天使の祝福があります。ズボンのすそが濡れたぐらいで、止み始めました。ぬれたところはバイク高速で走っていると乾いてきました。

南下すればするだけ天気が持ち直してきます。

東京に戻ったのは15時でした。

あー疲れた!

結論、今のバイクは振動が結構激しい。ヘルメットは新しいのを買ったほうが良い。ドライブ楽しい。バイクのUSB電源ケーブルはどこに行った?以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です